527. 浮遊の丘




浮遊の丘

 

昼寝のうちに、

ほんとは誰かの背中にのっていたのかもしれない。

よい方向ならよし、行き先はどこだい?

間違っているなら身をゆだねるのは

やめよう… さて、この丘はどうだ ?

冒険、きめるのはボク

勇気がつぎの未来の扉をひらく

瞑想の冒険家 岸川研一

http://ken1202.info

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post