image

本当の宝物は家族、友達、そして私自身のイメージ力

金でも物でもない。

この世界から自分という人間がいなくなる時、

本当にココロは連れて行けるのだろうか。

バーチャルな世界が人工知能と繋がり、

新たな世界が構築され続けているいま

永遠の命を獲得できるとか。

この生身の身体が死に私の五感とコピー&ペースト

された私は自ら考え成長していけるのだろうか。

昨日、父へのクリスマスプレゼントに電子辞書を買った。

凄い数の種類の辞書が入っている。

小さな中に、通常の人間ではありえない量の情報があった。

人間はいったいどうなろうとしているのだろうか。

食糧がなくなる前に、放射能汚染される前に、核戦争がおこる前に、

氷河期がきて地球に住めなくなる前に、隕石が落ちる前に、

新しい人間に進化しようとしているのだろうか

私の体験、記憶、発想、イメージ、

人工知能を裏切ってみたいな。

こんな人間だとパターン化されるのも絶対いやだな。

やっぱりアナログでいい、負けないぞ、挑戦状だ。

オマエが創るものなんてお見通しなんだよ…そう、言ってるんだろ。

携帯のブログページに書き込んだ時点でもうやられてるかもしれない。

だけど、僕は絶対に負けない、君を最後まで裏切ってやるよ。

君のスイッチを切るのは僕。

何をするかわからない僕のことが心配かい?

楽しみにしておいで、僕の創造力には勝てないだろう。

さあて、今日は何を創ろうかな、、。