大丈夫か?とたずねる。

大丈夫なはずがない。

 

もっと具体的でたずねた人を楽にしてあげられる言葉があるだろう。

 

かわいそうだ、という。

 

どこかで他人事だ。

 

本気でおもってる人はかわいそうなんて言わない。

 

家が崩れてしまった人に何ができるだろう。

大事な人をなくしてしまった人に何ができるだろう。
二度と元には戻せないだろう。
それでも明日は来る。
新しい気持ちで立ち向かう。
ただ祈るだけ
困ってる時は助けあう⁈

あたりまえのようで難しい。
手を伸ばせば届く気持ち。
現地へ飛んで行って本気でボランティアする人たちは素晴らしい。
寒くて冷たくて悲しくて心がいっぱいいっぱい、心臓がドキドキしてねむれない人たち。
落ち込んでいる人にかける言葉は何を選んでも残酷で傷つけてしまう時もある。
それでも小さな手を伸ばして気持ちを繋ぐことは大事なこと。
遠くから小さく応援。
僕は応援にはいけない。
僕の目の前にも大きな事件が横たわった。
時間でしか解決できないこともあるし、そうでないこともあるだろう。
現実から目をそらさず、ゆっくり、ゆっくり一歩ずつ。
無理をせずに自分を大事に一歩ずつ。
同じ気持ちのみんなが手をつなぎあえば少しでも、乗り越えていける奇跡がおきる。
明日への希望を忘れずに新しい日を生きよう。

つながるココロ