175. つながる心

大丈夫か?とたずねる。

大丈夫なはずがない。

 

もっと具体的でたずねた人を楽にしてあげられる言葉があるだろう。

 

かわいそうだ、という。

 

どこかで他人事だ。

 

本気でおもってる人はかわいそうなんて言わない。

 

家が崩れてしまった人に何ができるだろう。

大事な人をなくしてしまった人に何ができるだろう。
二度と元には戻せないだろう。
それでも明日は来る。
新しい気持ちで立ち向かう。
ただ祈るだけ
困ってる時は助けあう⁈

あたりまえのようで難しい。
手を伸ばせば届く気持ち。
現地へ飛んで行って本気でボランティアする人たちは素晴らしい。
寒くて冷たくて悲しくて心がいっぱいいっぱい、心臓がドキドキしてねむれない人たち。
落ち込んでいる人にかける言葉は何を選んでも残酷で傷つけてしまう時もある。
それでも小さな手を伸ばして気持ちを繋ぐことは大事なこと。
遠くから小さく応援。
僕は応援にはいけない。
僕の目の前にも大きな事件が横たわった。
時間でしか解決できないこともあるし、そうでないこともあるだろう。
現実から目をそらさず、ゆっくり、ゆっくり一歩ずつ。
無理をせずに自分を大事に一歩ずつ。
同じ気持ちのみんなが手をつなぎあえば少しでも、乗り越えていける奇跡がおきる。
明日への希望を忘れずに新しい日を生きよう。

つながるココロ

作成者: ken1202

Kenichi Kishikawa (born1966) is Japanese drift wood figure artist. original miracle wonder creature sculpture &paint & slide show movie art works 湘南の幻想ARTIST 不思議な生き物造形作家 岸川研一 1966年 長崎県平戸市生まれ 1993年 多摩美術大学絵画科油画立体クラス卒業 大手ディスプレイ会社の造形デザインディレクターを務めながら、自身のLIFE WORKであるアートの分野においても造形作家として作品を発表している。 神奈川県藤沢市在住、湘南の海を中心に流木や軽石、シーグラスなど海岸で収集した素材を使用し、自己の妄想の中で創造した生き物を自然と生命への愛をテーマに製作活動中。 Facebook instagram SNS ブログ等で作品発表中。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください