541. 三日月sunset湘南鵠沼 amabie revolutions 5




BOM-BA-YE COVID19‼️
三日月sunset湘南鵠沼 amabie revolutions 5


中学、高校時代、同級生たちも、先輩も後輩も、
プロレスに熱があがっていた。
そして、なんてったって猪木ボンバイエ♪‼︎
男子校で寮生活を送っていたボクは娯楽室と呼ばれていたそのリングにいつもプロレスごっこの観戦をしにいっていた。
貧弱なボクはいつも観戦する側だったけど、
まさしく、エンタメ真っ只中、それはそれは楽しかった。
アブドーラザブッチャーに扮した先輩や、スタンハンセン、アンドレザジャイアント、ジャイアント馬場、鶴田、藤波、ミルマスカラス、デストロイヤーにカブキ、たくさん、たくさん、
練習させてくれと、万字固めされて痛い思いをしたこともあるし、延髄切りマジで練習してるヤツ!長崎体育館に応援にいって上田馬之助に竹刀で叩かれたと喜んでるヤツもいた。
新日だの全日だのようわからんかったが、
でも、ときめいたのはやっぱ、猪木入場のテーマ
イノキボンバイエ〜♪
今になって意味を調べたら、リンガラ語?で、イノキ、ヤツをぶっ殺せ!だと、ちと怖い。
けど
モハメドアリから送られた話や、そのアリの深い話にちょっと感銘
あの頃のカッコイイ、イノキ、あの入場テーマにのってコロナなんてやっちまってくれ!とか思い
自分で描いた不思議な生き物のポーズに
そんなことを思い出していた。
ダーッ‼︎ ^ ^

不思議な生き物造形作家 岸川研一のドロ–イング、スケッチ、エスキース
http://ken1202.info
https://www.facebook.com/Mr.anomaro777
https://www.facebook.com/Mr.anomaro888
#アートでピース

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post