アーティスト Kenichi Kishikawa(born 1966)is a Japanese driftwood artist

岸川研一:不思議な生き物造形作家 1966年 長崎県平戸市生まれ

私の作品のルーツ

小さい頃、私は両親が共稼ぎだったため薬屋をしていた祖母にほとんどの時間あずけられていました。祖母は薬草を採取するため山や渓流にわき入るのですがどんなところにも私を連れていくので、いろんな自然にふれて育ちました。祖母は薬草の他に流木を持ち帰っていました。いつも一緒に山に連いていくのも冒険だったのですが、私の楽しみは祖母が町へ持ち帰り、磨いたりこすったりしながら、いろんな生き物に見立ててはニスを塗り、ビー玉の目玉を入れて床の間に飾っている置物を祖母と一緒に作ることでした。また、祖母の家には自分で運んできた岩で作られた渓流池があり、いろいろな山の植物を採取しては庭に小さな滝を作り、苔や蘭を植え込み、見た事のないような素晴らしいテラリウムを完成させていました。私はそこにいろんな生き物を捕まえては飼っていました。自然と生き物が大好きです。今もそれが作品の原点であり、この記憶は私の唯一の癒しとなっています。

現在、自身のLIFE WORKであるアートの分野において造形作家として作品を発表しています。神奈川県藤沢市在住、湘南の海を中心に流木や軽石、シーグラスなど海岸で収集した素材を使用し、自然と生命への愛をテーマに製作活動中です。

20代前半、精神修行にと一念発起、東京杉並の下宿部屋より、故郷の長崎まで、完全徒歩で3ヶ月かけて帰郷した経験があります。また、空の下で寝泊まりの放浪生活があり、社会人として中年になった現在も雲の流れをみて天候の変化を予測できる能力を持っています。