409. ココロの陽

409. ココロの陽

世の中に辛い気持ちを持っていない人間がどのくらいいるだろう…

みんな何かしら辛いこと、苦しいことを胸に隠し持ってるよ。愚痴ばかりを言っているのは甘えというものだ。

自分から環境を変えていく、今より大きいものの見方をしていけばいい。

もうひとつ大きな外の世界には楽しい仲間や楽しいことがいっぱいある。

狭い組織や、変わらない人間関係の中にずっといることの方が問題だよ。

口を開けて待っていても、何もこない。何も変わらない。誰も何かしてくれるわけじゃない。

本当に心から自由に解放されたいのなら、自分の力で新しい世界をどんどん渡り歩け、そこに新しい仲間がいる。

自分が何をしたいのか、どうしたいのか、明確にして動け、

それが、自立ということだよ。

絶対に1人じゃないし、望んでる楽しい世界と仲間が待ってる。

立ち止まるな、行動しよう。

作成者: ken1202

Kenichi Kishikawa (born1966) is Japanese drift wood figure artist. original miracle wonder creature sculpture &paint & slide show movie art works 湘南の幻想ARTIST 不思議な生き物造形作家 岸川研一 1966年 長崎県平戸市生まれ 1993年 多摩美術大学絵画科油画立体クラス卒業 大手ディスプレイ会社の造形デザインディレクターを務めながら、自身のLIFE WORKであるアートの分野においても造形作家として作品を発表している。 神奈川県藤沢市在住、湘南の海を中心に流木や軽石、シーグラスなど海岸で収集した素材を使用し、自己の妄想の中で創造した生き物を自然と生命への愛をテーマに製作活動中。 Facebook instagram SNS ブログ等で作品発表中。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください