582. 夕波の花




夕波の花

いくどとなく、その茜色に

心うたれ、

その花がひらいた…

きょうも、また、夜のしじまへ

明日はきっといい日になるよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post