kissea’s eye spiritual wall 99




もし、絵描きが目と手を失ってしまったら

生きていく意味をどうして見つけるだろう。

使っていなかった感覚機能が代行しようと動きはじめる。

人が生きている間に感じられる五感は、喜びを与えてくれる。

その機能に特化した能力で生きていくたくさんの職業がある。

感知能力が強すぎて、ココロを傷つけてしまうものもいる。

思いやりや、優しさを持ちながら、適当に自分のココロを休憩させてあげるのも大事なことだ。

人は一人で生きておらず、その存在が育ってきた環境、愛してくれた人たち、出会った人々、学んだこと、体験したこと、読んだ本、見た映画、たくさんの事象で出来上がっているのだと思う。

歳をとるのは新しい成長や、進化を与えてくれるありがたいことだ。その折々でいらなくなったものを捨て去り、忘れてしまうこともあるだろう。

ボクをこれから変えていくもの、進化させてくれるものは、新しい人たちとの出会い、新しい物事、環境たちだ。

自分をどんな人にあわせてみるか?自分をどんな場所に置いてみるか?そのことでどんな変化がおきて進化をするのか?退化かも?そしたら、もう一度やり直せばいい。

そう、ボクは今、進化したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

ふじさわアートフェスティバル2024 終了  kissea’s art works ワイヤーワークインスタレーションふじさわアートフェスティバル2024 終了  kissea’s art works ワイヤーワークインスタレーション



Tweet Tweet ふじさわアートフェスティバル2025 無事終了しました。 ホンモノのクモくんがボクのワイヤーワークとコラボしてくれた写真^o^ 今年は、大きく天気がくずれることもなく、どちらかというと心地よい新緑 […]