174. 消えない記憶

私は大切な水晶に残すべき大切な記憶を残せなかった。

大切な水晶に私の記憶は映らない。
私がいなかったという消えない記憶。
大切な水晶はいつも私の目の前にあったのに。
自分の水晶ばかりをみていた。
大切な水晶と私の水晶は違う。
けれど大切な水晶は私の一部であり、私にとってかけがえのないものだ。

大切な水晶とすごすはずだった大事な時間はもう取り戻すことができない。
代わりに私の記憶の水晶は世の中のために遠い場所で輝いた。
私は間違った。
愚かな私は自分の水晶ばかりを輝かせようとした。
輝かせるべきは目の前にあった大切な水晶だった。
輝かずとも傷つかぬよう、曇らぬよう見守るのが私の使命であった。
そして大切な水晶は一つではない。
私の目の前にあるどの水晶も二度と傷つけたくない。

 

消えない記憶

作成者: ken1202

Kenichi Kishikawa (born1966) is Japanese drift wood figure artist. original miracle wonder creature sculpture &paint & slide show movie art works 湘南の幻想ARTIST 不思議な生き物造形作家 岸川研一 1966年 長崎県平戸市生まれ 1993年 多摩美術大学絵画科油画立体クラス卒業 大手ディスプレイ会社の造形デザインディレクターを務めながら、自身のLIFE WORKであるアートの分野においても造形作家として作品を発表している。 神奈川県藤沢市在住、湘南の海を中心に流木や軽石、シーグラスなど海岸で収集した素材を使用し、自己の妄想の中で創造した生き物を自然と生命への愛をテーマに製作活動中。 Facebook instagram SNS ブログ等で作品発表中。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください